SEKII×YANAGIDA

基礎知識

AEMの広報マーケティングは、
お客様との
出会いをつくる仕事。

アイムアンドカンパニー株式会社は、クライアント直取引・100%反響営業の制作会社です。「パンフレット専科」「ホームページ制作専科」「動画ブランディング専科」「コーポレートサイト」など複数のオウンドメディア(自社メディア)を運営しており、各メディアからのお問合せから営業活動がはじまります。
広報マーケティングチームは、オウンドメディアの運営や情報発信、メルマガでの集客、セミナー運営などでお客様との出会いを作り出し、営業を担当するアカウントプロデューサーにつなげる仕事です。電話やメールで届くお問合せへの対応や展示会の準備など、幅広い業務を担当します。

意図をつかんで自分で考えるチカラ、めっちゃ大事。

関井

柳田さんは私が営業寄りの仕事にシフトする時、後任の事務職として入社してくれたわけですけれども、どうしてAEMに入ろうと思ったの?

柳田

総務だったり、経理だったり、電話対応だったりいろいろできそうだったので。前職で卸売業の発送業務をやってたんですけど、もっといろんな仕事をやってみたかったんです。

関井

入社してみてどうでした?

柳田

そうですね。「○○して」ってふんわり仕事を振られることが多いですね。求められているアウトプットはだいたい分かるんですけど、プロセスまで指定されることはほぼないです。つまり自分で考えなくちゃいけないんですけど、ある程度自由に、自分のやりやすいようにできるのは気が楽です。

関井

広報マーケティングの役割がガチガチに確立されているわけじゃないし、初めてやることも多いから、アウトプットを間違えなければ方法は任せるって感じなんだよね。
融通はききやすいんだけど、その分、空気を読む力…というか何を頼まれたのかを掴む力がめちゃくちゃ大事。自分で一度筋道を立ててみて、それで自信がなかったら「こうしようと思ってるんですけど合ってますか」って聞く。ノープランで教えてくださいっていうのは、社風的にちょっと馴染まないかも。

柳田

ほんと、そうです。その分、意見を通しやすいですよね。こうやった方がいいんじゃないかって提案は割と柔軟に採用してくれる。

お客様を営業担当につなぐ前のファーストコンタクト。

柳田

それこそオウンドメディアからのお問合せへの電話対応マニュアルを作ったのは関井さんですよね、入社当時すごく助かりました。

関井

一番基本的な作業については私が作ったけど、ご案内の見極めとか、何をお聞きするのが有効かみたいなところは、やっぱり言語化が難しいね。自分で学びとってもらわないと。

柳田

お問合せの電話って、お客様とAEMとのファーストコンタクトじゃないですか。失礼のないように心掛けながら、私はなるべく情報をお聞きするようにしてます。そもそも納期やコストの条件がマッチしないのに時間をいただくのは申し訳ない気持ちがあるので…。

関井

AEMの場合、同じ空間でデザイナーさん達が苦労して制作しているのを見てるから、その時間と労力を適正に評価していただけそうにないお問合せは対応が難しいと思っちゃうね。
もちろん見込客を営業担当につなげるのが私たちの役割なので、商談に進むかどうかの判断はしないんだけど、価格だけ知りたい方には価格表をご案内するとか、ある程度臨機応変に質問に答えられるくらいの知識は持ってなくちゃね。

柳田

関井さんはメルマガも書いてますよね。いつも校正を手伝ってますが、あれを立ち上げたのも関井さんですか?

関井

ううん、以前はAP(営業担当)の新人達が担当してて、あんまり大変そうだから「やろうか」って言った気がする。セミナーもそうで、営業の合間にやるより、ずっと社内にいる私たちが担当する方がやりやすいかなと思って。私、何にでも首突っ込んじゃう(笑)

柳田

姉御肌ですよね(笑)。書き方とか切り口とか、やっぱり自分で考えてるんですか?

関井

そう。メルマガの中で問題提起をするんだけど、ネタはわりと実感なのよ。問合せを受けた後、その企業のサイトを見るじゃない?古いサイトも多くて、会社概要が見つからないとか、何をしてる会社か分からないとか、いつも肌で感じてる。その会社のお客様なら「この会社ナシ!」って閉じちゃうだろうなぁって思って、その気持ちを書いてます。
メルマガ登録者数は今4000〜5000人かな。たくさんの人に読まれてると思うと「やってやるぞ!」って気分にはなる。まぁ、あんまり堅くならず、簡潔に。メルマガはセミナーに参加してもらうまでが仕事だから、申し込みがあると嬉しいんです。本当は、もうちょっと充実させたいんだけどねー、今ちょっと手一杯で(苦笑)

反響で得た見込み客を、
いかに顧客にするかを考える。

柳田

セミナーもありますしね。

関井

コロナ禍でオンラインセミナーを始めた時も、最初は何もなかったよねー。カメラは?マイクは?どうやって配信するの?って。大枠はAPの現部長が段取ってくれたんだけど。

柳田

はじめた頃、社員みんなでテストしましたよね。

関井

毎回試行錯誤だったね。一番の課題はなんとWiFi(笑)。電波が弱いと止まっちゃうから有線LANを引いたり、照明も途中から大きいのを買ってもらいました。画面に映すテキストが地味だからって可愛くしたりね。デザインが得意って言ってるのにこれじゃだめでしょう、と(笑)

柳田

関井さんは率先して動かれて何事にも一生懸命だから、追いつけはしないですけど、本当、お手本です。だから細かいことはあたしが先にやらなきゃって思って、いつも競ってる(笑)

関井

柳田さんは空気読むNo.1。あとでこれお願いしとこうと思ってるうちに、もうやってくれてる。縁の下の力持ち。

柳田

性格ですね。前に出るよりもサポートしたい。
私は、デザインもできないし、営業もできないし、Webも作れないし。関井さんみたいに意見を言える人でもないから、何か少しでもAEMの人たちが会社で過ごしやすくできるなら、なんか色々やりたいなって思う。

関井

やー、もういい子だねー!

柳田

この仕事は個人プレーではないじゃないですか。なので、協力し合って、楽しくできたらなって思います。

関井

広報マーケティングって、いかに反響につなげるか、反響をいかに顧客にするかの施策を考える仕事。ガチガチの正解はないし、仕事の領域が広いから飽きないね。
最初はコンテンツマーケティングとか、レスポンシブとか…知らない言葉がいっぱいで何を言われてるかすら分からなかったけど…、今だって常に新しい知識を入れてかないと追いつかないけど、だからこそ日々新鮮さがありますね。ずーっと同じことだけをやってるわけじゃないので、私は楽しい。

柳田

今はここまでしかできてないかもしれないけど、人が増えて1人1人が深く広報に関われるようになったら、広報マーケティングの幅が広がって、AEMはもっと進化できるんじゃないかなと思ってます。

関井

一緒に盛り上げていきましょう!